スケジュールをアナログからデジタルに移行したい

利用アプリ

たすくスケジュール for iPad
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥3,000

基本情報

実践日:平成27年4月~利用形態:子どもが利用
指導場面:生活場面教科・領域:
主な障害:自閉症学部・学年:小学部・5年

従来の指導

 教室のトランジションにてアナログの絵カードによるスケジュール提示

指導内容

 アナログでのスケジュールが定着してからデジタルへの移行

子どもの様子・変容

 移動先でも自分のスケジュールを確認できるようになったことで先の見通しがより持ちやすくなり、安定して活動に参加できるようになった。

表情の変化を誘う

利用アプリ

ElfYourself by Office Depot, Inc.
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

基本情報

実践日:H25.12利用形態:子どもが利用
指導場面:教科的指導教科・領域:
主な障害:
  • 知的障害
  • 肢体不自由
学部・学年:高等部・1年

従来の指導

 絵本を用いて、見る活動を行っている。動く画面を見ることができない。

指導内容

 

子どもの様子・変容

 興味深く画面を見るようになった。 興味深そうな表情だった。音楽も好きなようであった。姿勢は工房イスに座っていたため、楽そうであった。

こころとからだ(手洗い)

利用アプリ

カメラ機能 動画再生機能 AppleTV

基本情報

実践日:H26.1利用形態:提示
指導場面:教科的指導教科・領域:
主な障害:知的障害学部・学年:中学部・3年

従来の指導

 絵カードの作成に時間がかかる。大きさに制約があった。カラーはコストも掛かっていた。発表が擬似的になりがち。ひとりずつしか指導できなかった。

指導内容

 

子どもの様子・変容

 ・家庭で使ったことがある生徒がほとんどなので、自分から手を伸ばすなど、意欲的に取り組むことができた。 ・前に出ての発表であると、擬似的になってしまう。もしくは大きな洗面器を用意するなど実際的ではなかったが、この場合だと普段使っている手洗い場を使えるのでかなり実際的であった。 ・学習への集中度が上がった。 ・自分から手を伸ばして、意思表示しようとするようになった。 ・一部の生徒であるが、学習後、動画と同じように手を洗っている場面が見られた。

意思表示をさせたい

利用アプリ

リアル黒板 for iPad カテゴリ: 教育 現在の価格: 無料

基本情報

実践日:H25.11-12利用形態:
  • 提示
  • 子どもが利用
  • 教材作成
指導場面:教科的指導教科・領域:
主な障害:知的障害学部・学年:中学部・3年

従来の指導

 絵カードの作成に時間がかかる。大きさに制約があった。カラーはコストも掛かっていた。手前もしくは利き手に近いカードしか選ばない事があった。

指導内容

 

子どもの様子・変容

 ・家庭で使ったことがある生徒がほとんどなので、自分から手を伸ばすなど、意欲的に取り組むことができた。 ・カードの場合は握り潰したり、放り投げてしまうこともあったが、タブレットの場合は、画面に注目する様子が見られ、集中して取り組んでいた。 ・授業に対する集中度が上がった。 ・自分から手を伸ばして、意思表示しようとするようになった。 ・オウム返しをすることが、若干減ってきた。

iPadを使って、思いを伝えよう

利用アプリ

かなトーク
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

基本情報

実践日:H25.1-3利用形態:子どもが利用
指導場面:教科的指導教科・領域:
主な障害:
  • 知的障害
  • 自閉症
学部・学年:中学部・1年

従来の指導

 発声がないため、本人の書いた文字を教師が代読し、思いを確かめていた。

指導内容

 

子どもの様子・変容

 入力した言葉が音声化されることがとても嬉しいようで、興味のあることや食べたい物などを意欲的に教師に伝えていた。音声化された言葉を聞いて、入力ミスに気づいた時には、もう一度正しく打ち直していた。楽しさのあまり、終了タイマーがなっても、終われないことが結構あった。(→事前に使い方の約束をすることで、少しずつ改善) 筆談の時は、食べたいおやつのことを中心に教師に伝えていたが、iPadでは、食べたいものの他に、料理のレシピ、帰省時に出かけた所、興味のある事柄等、伝える内容の幅が広がった。電子機器の使い方に慣れたことで、パソコン操作にも興味を持ち、現在は、パソコンにも挑戦中。

学習の成果を発表しよう

社会見学2

利用アプリ

ロイロノート
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥500

基本情報

実践日:H25.9.24-30利用形態:子どもが利用
指導場面:教科的指導教科・領域:
主な障害:
  • 知的障害
  • 発達・情緒
学部・学年:小学校・4年

従来の指導

 事前の準備が十分でも、本番になると、萎縮し、うまく発表できないことが多かった。

指導内容

 

子どもの様子・変容

  1台しかない端末を、グループ内で上手く使い、仲良く協働していた。社会見学にただ参加するのではなく、目的意識を持って参加し、積極的に調査していた。人間を被写体にする際、許可を得るために積極的に話しかけていた。  自らが目的を認識し、主体的に学習に参加することができた。既習事項との関連に気付き、学習の中で利用していた。他のグループと情報をシェアしながら、積極的に関わり、協力して作業することができた。

平仮名50音を覚えよう

kana

利用アプリ

かなトーク
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

基本情報

実践日:H25.1-3利用形態:子どもが利用
指導場面:教科的指導教科・領域:
主な障害:
  • 知的障害
  • 自閉症
学部・学年:中学部・1年

従来の指導

 50音の配列がわからず、50音表の中から、文字を選ぶのが難しく、時間がかかっていた。

指導内容

 

子どもの様子・変容

 自分で打った文字が、音声化されることで、「正しく文字を打つことができた」という自信につながったようで、とても嬉しそうな様子だった。文字を学ぶことに対し、とても意欲的な様子で、笑顔で取り組んでいた。うまく出来たときには、手をたたいて喜び、他の教師に嬉しそうに見せていた。 50音表の行配列が頭に入り、位置関係がわかってきたことで、自分で文字を選び、提示された単語を打てるようになった。提示された単語以外にも、自分で言葉を作って打ってみようとする意欲が出てきた。(今のところ、「12345・・」の数字。好きな単語を打つまでにはまだ至っていない)新しいことに挑戦することに自信がなく、苦手な生徒ですが、iPadの利用を通し、文字に興味を持ち、もっと自分の要求を伝えたいという思いが芽生えたことはとても良かった。発音不明瞭で聞き取りにくいことが多いので、ゆくゆくは、周囲に聞き取ってもらえないときに、iPadを使って、文字を打ち、思いを伝えられるようになればいいと思う。

絵本作りを通してルールを考える

利用アプリ

ピッケのつくるえほん for iPad
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥600

基本情報

実践日:H25.11.11-22利用形態:子どもが利用
指導場面:教科的指導教科・領域:
主な障害:知的障害学部・学年:小学校・1年

従来の指導

 児童が主体的に考え、改善していくという活動の場を設定することができなかった。

指導内容

 

子どもの様子・変容

  楽しそうに学習に望んでいた。集中時間が長く、積極的に学習に望んでいた。色々な機能に興味を持ち、表現の工夫を楽しんでいた。自分の担当したページに責任を持ち、最後まで課題を投げ出さずに取り組んでいた。  他の児童と協力し、1つの作品を作り上げることができた。教えられたことをただ受け止めるのではなく、自分たちで考え、課題を解決することができた。授業前と授業後では、他との関わりへの興味が高まった。

iPadのカメラ機能を用いた取材と協働

クリーン作戦1s

利用アプリ

ロイロノート スクール
カテゴリ: 教育
現在の価格: 無料

基本情報

実践日:H25.11.12-25利用形態:子どもが利用
指導場面:教科・領域:紅南小クリーン作戦
主な障害:知的障害学部・学年:小学校2年、4年

従来の指導

 個別の学習時間や、小集団での学習の時間に、ロールプレイングを通して体験的に 学んだり、トラブルがあった際などに、適宜指導をしていた。

指導内容

 

子どもの様子・変容

 プロジェクトの時間を楽しみにしていて、今までの学習の中で最も積極的に学習に望んでいた。教師に頼ることが少なく、児童が関わりあいながら、自分たちの手で解決しようとしていた。  他との協働に積極的に取り組むことができるようになった。自らの学習を主体的にふりかえり、改善点を見つけることができるようになった。児童同士が主体的に関わりあい、円滑な話し合いができるようになった。建設的な妥協点を見つけ、協働することができるようになった。

iPadの使い方

利用アプリ

iPad本体
機器

基本情報

実践日:H25.9.6利用形態:子どもが利用
指導場面:教科・領域:
主な障害:知的障害学部・学年:小学校・1年

従来の指導

 プリント学習や、具体物を使った学習が中心だった。

指導内容

 

子どもの様子・変容

 楽しそうに操作していた。とても興味を示し、集中していた。教師が操作をやめるよう指示しても、なかなか切り替えができなかった。学習のルールを示してからは、指示に従うようになったが、機器が気になる様子だった。  デジタル機器への抵抗がなくなり、とても興味を持ち始めた。最初、機器が気になって、指示が通らない様子も見られたが、後半では我慢することを覚えた。ルールを守って、正しく使用することができるようになってきた。