体育の時間における手本の提示、タイマー使用

利用アプリ

アプリ「楽タイマー」のリンクが見つかりませんでした: (WP Applink Shortcode)

カメラ,ビデオ

基本情報

実践日:H27年度利用形態:提示
指導場面:授業(教科的)教科・領域:体育
主な障害:知的障害学部・学年:高等部2年

従来の指導

 指導者が生徒の前で実際に手本を示す。

指導内容

 ①ラジオ体操の際、iPadを生徒の正面に提示して動画を再生する。動画には学級の指導者が映っておりその動きを模倣させる。iPadを持っている指導者は言葉がけ等しない。 ②腹筋、回転板に乗って回る運動の際に「楽タイマー」を表示する。回転板の際はその日の調子を見て時間を設定する。

子どもの様子・変容

 ①運動会の準備体操の際に特定の指導者が目の前にいると張り切って模倣する様子があったので、その指導者の動画を撮影し提示すると効果があるのではと考えた。今のところ、iPadに興味を示しているだけで目立った効果は見えていない。 ②容易に時間を変更することができるので便利。生徒も画面を見て数字の理解は難しいが変化しているのは理解しているようで、残り少なくなると張り切る様子が見られた。

コメントは受け付けていません。